teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 佐久間象山について語ろう(1)
  3. 史游堂別室(4)
  4. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


桑名・美濃高須の旅

 投稿者:南宜堂  投稿日:2011年 3月 2日(水)23時06分5秒
返信・引用
  名古屋の池田さんからの案内です。
参加表明は下記に。
ばくまつ友の会 http://midnight-circus.blog.ocn.ne.jp/midnight/2010/11/post_2a70.html
長岡ツアーに続いて、東海地方でもイベントを計画しています。
松平容保候のルーツ美濃高須藩をめぐる旅です。
5月7日~8日で行います。
詳細はまだ未定ですが日程の確保をお願いします。
美濃高須藩の史跡はあまりありませんが近隣の桑名城跡や岐阜
城(お江の城でもある)または尾張の史跡を考えています。
 
 

長岡・新発田花見ツアー

 投稿者:南宜堂  投稿日:2011年 3月 2日(水)23時02分11秒
返信・引用
  チーム越後の皆さんからイベントのお誘いがありました。
下記掲示板に参加表明をしてください。
ばくまつ友の会 http://midnight-circus.blog.ocn.ne.jp/midnight/2010/11/post_2a70.html
こんにちは。
新潟でイベントしますよ☆

日時:2011年4月16日(土)~17日(日)
場所:16日(土)…長岡探険 17日(日)…新発田探険
宴会・お泊まり…新潟市
経費:全額自腹で頑張れ!

集合は長岡駅に11:30。解散は新発田駅で探険終了時間。
探険ガイドはチーム越後の自前です。
ちなみに新潟の桜開花予想は4月9日。
なので、イベント実施日は満開の予想です。(花見も楽しんじゃいましょ~♪)

なお、経費については宴会&お泊まり&雑費の場合1万5000円前後を予想しておいて下さいまし。
その他に入館料や昼飯代が発生したりします。

途中参加、途中まで参加OK。宴会のみもウエルカム。
ご希望の方はご参加範囲を3月中にチーム新潟メンバーまで!
また、お泊まり宿お任せOKの方はその旨もお知らせ下さい。
 

佐久間象山

 投稿者:南宜堂  投稿日:2011年 1月21日(金)01時26分6秒
返信・引用
  確かこの掲示板画像も使えると思いましたので、ありあわせの象山の像をアップしました。
 

新しいスレッドをつくりました

 投稿者:南宜堂  投稿日:2011年 1月20日(木)23時41分42秒
返信・引用
  「佐久間象山について語ろう」です。
勝海舟・吉田松陰・小林虎三郎・山本覚馬・坂本龍馬・河井継之助・山田方谷、みな象山の教えを受けた人たちです。
これらの人たちに興味のある方々、象山との関係を教えてください。
 

白河といえば

 投稿者:南宜堂  投稿日:2011年 1月20日(木)03時35分31秒
返信・引用
  中山義秀賞の授賞式のご案内を別室にいただきました。白河市出身で、多くの時代小説を書いた中山義秀を記念する賞です。火坂雅志さんも「天地人」で受賞されています。
白河といえば、白河の関、奥の細道、松平定信と次々と歴史事象が思い浮かぶ東北の入口の町です。去年、一昨年とここで歴史仲間の集まりがあり、私も2年続けて訪れました。
投稿いただいたあんじさんは、ここ白河で歴史の街づくりに取り組んでおられる方です。
我が信州松代藩8代目の藩主で、佐久間象山を見い出した真田幸貫は白河藩主松平定信の子です。そんな縁もある白河へぜひお出かけください。
 

史游堂別室 作りました。

 投稿者:南宜堂  投稿日:2011年 1月11日(火)02時54分26秒
返信・引用
  手探りながらスレッドというのを活用して「史游堂別室」作りました。
目的は、
イベントや出版された本の紹介をする場として活用ください。
皆さんに参加を呼びかけたいイベント、新聞等で見つけた興味深いイベントの紹介をどうぞ。
最近読んで感動した本の紹介もしましょう。
地方に住み情報に疎いので、皆様からの紹介をお願いします。
私からの情報発信もここでいたします。
入り方は簡単です。この投稿の上にある「史游堂別室」をクリックすれば入れます。
 

Re: もうひとつの戊辰戦争

 投稿者:南宜堂  投稿日:2011年 1月10日(月)02時37分45秒
返信・引用
  あさかびとさんへのお返事です。

東北諸藩に身分制度の解体を意識していたものがなぜいなかったのか。
私の個人的な考えを書かせていただければ、東北諸藩は人材の登用がなされなかったからではないかと思います。勝海舟も福沢諭吉も、西郷隆盛も大久保利通も坂本龍馬も、いずれも下級武士の家柄です。それが藩や幕府の上層部に見い出され、重要な地位に抜擢されるわけです。龍馬の場合は脱藩して自分の自由を確保するわけですが。海舟流に言うならば、それ相応に利口なものがそれにふさわしい仕事をまかされるのです。
それに反し東北の諸藩では、身分制度の壁は厚く、低い身分のものが抜擢されて重要な仕事を任されることは実に稀なことでした。
しかし、だからと言って東北が劣っているとか遅れているというわけではありません。当時の状況としてはそうだったということです。あえて言うなら、東北の諸藩は米に固執しすぎた結果商品経済が発達せず、古い制度がなかなか崩れなかったのでしょう。反対に、そのために西南諸藩は功利的に動き、会津には会津士魂と言はれる美風が残ったのです。
長くなりましたので、全文は「あれこれ南宜堂」に載せました。
 

もうひとつの戊辰戦争

 投稿者:あさかびとメール  投稿日:2011年 1月 9日(日)13時14分3秒
返信・引用
  二本松藩士渡辺敏については知りませんでしたので、大変興味深く読ませていただきました。

当時は浅川安十郎のように、砲術など新しい知識を学ぼうとする渡辺敏のような人物の身元を
引き受けて育てようとする人物が、よく出てきますね。
南宜堂さんが、戊辰戦争というのは封建的な身分制度を解体するための戦争であったことは、
その後の明治維新から理解できます。

幕末に東北諸藩でも、そのことを意識していた人物はいなかったのでしょうか。
欧米を見て、初めてそう理解できたのでしょうか?
長崎を通しての情報から、そのような人物が出ても良いような気がしますが。
 

渡辺敏のこと

 投稿者:南宜堂  投稿日:2011年 1月 7日(金)04時13分8秒
返信・引用
  会津は遠い国ですが、二本松はまだ遠い。信州人の多くはどこにあるか知らないのではと思います。
幸い私は、福島県は営業に取材にとずいぶん歩きましたので、地理も覚えました。
その二本松藩士として戊辰戦争を戦った兄弟が、明治の信州で教育者として活躍したことは私のブログにも書きました。長野高女の校長をつとめた渡辺敏と信濃教育会会長の浅岡一の兄弟です。
その渡辺敏が戊辰戦争60年だかの折、故郷の二本松で自分の半生を語っています。その中で、敏たちが房州富津台場の警備をしていた時の話があります。
台場には水戸藩が幕府に献上した大砲があったのですが、誰も取り扱い方を知りません。二本松から引っぱってきた旧式の大砲で訓練をしているのですが、そんな大砲では沖を通る外国船には何の役にも立ちません。
敏は新しい技術を身につけ藩の役に立とうと決心し、高島流の砲術を学ぼうとしますが、兄の反対にあいます。新しい技術を身につけても、他藩に仕官すれば藩公に弓を引くことになるというのです。結局敏は江戸に出ることを断念します。
戊辰戦争というのは、奥羽の側から見れば、自分たちは正しいことをしたのだが、薩長の陰謀により朝敵となり敗れてしまったという、東北正義論で論じられることが多いように思います。
しかし新しいことを学ぼうとする芽を伸ばすことなく、摘み取ってしまうという藩の古さ、それはいったいどんなことに起因していたのかを探求する視点から考えてみるべきだろうと思います。
 

Re: (無題)

 投稿者:南宜堂  投稿日:2011年 1月 2日(日)23時53分34秒
返信・引用
  > No.4[元記事へ]

照桂院さんへのお返事です。

松平容保だけではなく、徳川慶喜、近藤勇それぞれ描き方へのクレームはあったようです。何年か前の新選組と、同じ大河ドラマで近藤の人格がまったく違うように描かれるのはへんな話です。実像はひとつのはずですから。
大河ドラマは嘘の歴史なんですね。先日行った川中島古戦場でも、信玄・謙信の一騎打ちはあったのかと疑問がもたれているのに銅像ができて既成事実になってしまいました。
大河ドラマは作り物ですというキャンペーンをNHKが率先してやってくれればいいのにと思いますよ。
さて、照桂院さまは会津(藩)がお好きということですが、機会がありましたらこの欄で会津の魅力を語っていただけるといいですね。
信州から見ますと、会津は遠い国です。白虎隊と喜多方ラーメンをまず思い浮かべてしまうほどに未知の場所です。
 

レンタル掲示板
/2